オーガニックヘアケア剤の選び方(シャンプー編)

様々な髪の悩みの原因は、合成シャンプーかも!?

フケ、かゆみ、抜け毛、パサつき、薄毛・・・。髪にまつわる悩みは尽きないですね。

「毎日ちゃんとシャンプーしているのになぜ?」

と思う人も少なくないかもしれません。それはひょっとすると合成シャンプーの仕業かも!

 

 

ここでは「オーガニックシャンプー」や「天然由来成分のもの」がいい!ということをお伝えするのではなく

そういったものの特徴をお伝えしたいと思います。

僕は基本ヘアケア剤に限らず、オーガニックな「もの」をチョイスすることが多いですが、

それは情報を知識として捉えたから。

「市販のものが悪い」というわけではありません。

「全ては知るところから」を念頭に、選べるセンスを磨くためのツールになればと思います。

 

 

 

合成シャンプーで起こりうる頭皮や髪に与えることとは?

合成シャンプーには、強い洗浄成分である合成界面活性剤が入っています。

合成界面活性剤は、髪の保護層であるキューティクルを溶かしてしまうので、徐々に髪を細くなっていく可能

性があります。

また、頭皮のバリアを壊してしまう恐れもあり、その結果頭皮が荒れて弱くなり、フケやかゆみ、抜け毛などの

トラブルを引き起こしかねません。さらに、頭皮のバリアが破壊されると、合成シャンプーに含まれる

有害な合成成分が体内に蓄積されてしまうという深刻な問題点もあります。

 

 

 

でも合成シャンプーで洗髪すると髪がサラサラになり、腰とツヤが出るように感じ、

ダメージを受けているとは思えない・・・という人も多いのも事実。

それはシャンプーに添加された合成ポリマーが一時的に髪を包んで、ツヤを与えてくれるからです。

 

 

リンスやトリートメント剤も同じことです。この合成ポリマーのおかげですが、

髪はどんどんやせ細り頭皮が荒れていく人も多いようです。

 

 

 

 

合成シャンプーのメリットは?

合成シャンプーもデメリットばかりでもありません。

粘性をコントロールしやすかったり、キラキラしたパール感を出したり、香りをつけやすかったりします。

(それが必要かどうかは置いといて。)

何より一番のメリットは泡立ち。日本人は特に、泡立ちにこだわる方が多いよう。

確かに泡立ちがいい方が洗った感じはしますね!

 

 

好みもかなり左右しますが、そのようなメリットもあります。

 

 

 

オーガニックシャンプーは何から使い始めるのがベター?

髪の健康を考えるなら迷わずに石鹸シャンプーを!と言う方も多数。使い始めは、きしみが気になるかもしれませんが、

それは合成シャンプーによってキューティクルがない髪になっているからです。

言い換えると、石鹸シャンプーでうまく洗えない髪ほど、ダメージが大きい証。

石鹸シャンプーの基本は、たっぷりの泡で二度洗いし、しっかりすすぐこと。

それから酢やクエン酸でリンスすれば中和されてきしみがなくなります。

 

 

 

髪のダメージが大きいため、どうしても石けんシャンプーでうまく洗えない人はしばらくクレイで!

泡は出ませんが、きしみがなくサラサラの洗い上がりになります。

2ヶ月から3ヶ月ほど経つと、キューティクルのある髪が根元から伸びてきているので

再度、石けんシャンプーにチャレンジするのがおすすめ。

 

 

キューティクルは、髪を保護して包んでいる透明な層。

つまり、髪の本来のつややかさの元です。石けんシャンプーを使い続けると、

キューティクルのある髪がよみがえります。

 

 

 

成分別、シャンプーの見分け方と選び方

《合成シャンプー剤に含まれる成分》

ラウレス硫酸Na、ベヘントリモニウムクロリド、PEG/PPGコポリマー など

《オーガニックシャンプーに含まれる成分》

石けん素地、水酸化ナトリウム、クレイ、海藻、洗顔料 など

 

 

 

最後に

以上、オーガニックシャンプーと市販で売っている合成シャンプーの特徴のご紹介でした!

最初にも書いたように、どれが良くてどれが悪いかではありません。

目的は、正確な情報をキャッチし、自分に合ったものを選び抜けるセンスを磨くこと。

みなさまがより健康的に、より美しくなるための、お役に立つ情報にならば幸いです♪

 

 

(協力:JOCA「日本オーガニックコスメ協会」)

The following two tabs change content below.
Nakashima Daisuke

Nakashima Daisuke

表参道の有名店、店長兼マネージャーとしてサロンワーク、撮影、全国講演、商品開発などで活躍。フリーランスに転向後、子供を授かったのをきっかけに、次の世代以降をより良くし社会貢献するため、インタビュー、チャリティーカットを通して活動中。
Nakashima Daisuke

最新記事 by Nakashima Daisuke (全て見る)