キッズカットは何歳から?親のお悩み解決方法!

美容室でキッズカット!ママさん、パパさんのお悩みポイントとは?

①料金

②場所(近所か)

③子どもがカットに集中できる環境か(設備、道具など)

④ヘアスタイル

⑤何歳から?

 

こんなところが親のお悩みポイントのようです。

乳児から乳幼児のお子さんはまだ髪の毛が生えていなかったり、

ママカットでなんとかごまかせたりできるもの。少々ガタガタなカットでも

「これもアジがあっていっか!」

的なノリで!(ありだと思いますw)

でもやっぱりかっこ良く、可愛くしてあげたい、しかも安く済ませたい!

そんなママさんパパさんのお悩みを解決していきたいと思います♪

 

 

 

今回はこのテーマについて!

 

 

美容室デビューは何歳からがベストか?

 

僕も周りのママさんからよく聞かれる質問です。

その答えは・・・。

 

 

・・・・・。

 

 

ありません(笑)

 

 

 

子どもによって違います。・・と言ってしまえばそれまでなので、「スムーズに美容室デビューできる」方法を

ご紹介していくので心得ておくといいと思います。

 

 

僕の長年の経験上では、3歳未満のお子様はなかなかじっとしていられなかったり

普段は人懐っこい性格の子でも、はじめましての美容師さんを見たり、

ハサミを見たりすると泣き出してしまい、カットができないパターンが多いように思います。

では、

 

 

「3歳以上からが美容室デビューなんですね!」

 

 

という声が聞こえてきそうです。

僕は3歳未満の子でもカットしている子はたくさんいます。

 

それにはある共通点があるようなのです。

 

 

 

 

スムーズに美容室でヘアカットできる子どもの共通点

 

子どもは大人より、他人や空間にかなり敏感です。

いろんな周りのことに気づき、反応しています。

大人も初めての場所に行ったり、初めての人と会うのは個人差はありますが

誰もが少し緊張すると思います。

 

 

子どもも全く同じです。

 

 

きっと大人以上に緊張しているでしょう。

大人同士の人間関係も「知人」から「友人」になるまである程度時間がかかりますし

初めて訪れた場所が、リラックスできる空間になるまでは幾度となく足を運ぶでしょう。

 

 

 

子どもも大人と全く同じです。またはそれ以上。

 

美容室でカットデビューがスムーズにいく子の共通点は

「空間と人」に慣れている子のようです。

 

 

 

一緒にサロンへ!きれいになるママを見て、美容室は可愛くなるというイメージを持つ

美容室の独特の匂い。独特な空間。

美容室デビューまでに2〜3回その空間を少しの時間でも

ママ(パパ)さんがカットするタイミングで共有し、

お子さんをカットしてもらう担当者が決まっているなら、ぜひその方と

「○ヶ月後ぐらいにこの子のカットよろしくお願いします」

と、美容師さんとお子様のコミニケーションをはかってみてください。

きっと子どもは覚えています。

 

 

そしてカット後のお母さん(お父さん)を見て

 

 

「ママきれいになったな〜」「パパかっこいくなったな〜」

 

 

と言う姿を自然に見せてあげてください。

子どもは勝手に想像して、自分もそうなれる像を描き

カットデビューの時には、緊張して泣いたりわめいたりする

壁をきっと自分で超えると思います。

 

 

 

 

最後に

最近いろんなママさん、パパさんに出会います。

楽しく子育てをしてる方ばかりです。でも中には、

「何が正しい子育てなのか」ばかり考え、

子どもを尊重していない方もたくさんいます。

 

「親として何も魅せれるものがない」

「こんな私でこの子は立派に育つのか」

 

このようにどうやら思っているようです。

そんな自信のない親でも別にいいんじゃないでしょうか?

親も「親暦」1年生。子も「子ども暦」1年生。

共に育んでいく。「教育」ではなく「共育」

そんな想いをかっこいい姿で魅せれる場として

ある意味美容師さんに他力本願で

美容室デビューができたらいいなと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.
Nakashima Daisuke

Nakashima Daisuke

表参道の有名店、店長兼マネージャーとしてサロンワーク、撮影、全国講演、商品開発などで活躍。フリーランスに転向後、子供を授かったのをきっかけに、次の世代以降をより良くし社会貢献するため、インタビュー、チャリティーカットを通して活動中。
Nakashima Daisuke

最新記事 by Nakashima Daisuke (全て見る)