オーガニックコスメの選び方(クリーム編)

肌トラブルは、クリームの「鉱物油」かも!?

乾燥肌で悩む多くの人は、洗顔や化粧水のあとに

クリームを塗って肌の保湿を心がけていることでしょう。

 

 

でも気をつけたいのは、クリームの基本になっている油分です。

多くのクリームのベースになっているのが、石油を精製した

鉱物油(ミネラルオイル)、あるいは鉱物油を合成した油剤です。

 

 

鉱物油は、肌の自然な皮膚呼吸を止めてしまい、

肌のくすみやシワの原因となります。

 

 

 

 

 

肌に安全なクリームに使われる油とは?

やはり肌にとって安全なのは、

 

 

「ひまわり油」

「ツバキ油」

「オリーブオイル」

 

 

などの植物油です。

 

 

 

植物油には、保湿効果はもちろんのこと、

ミネラルやビタミンが多く含まれ、

肌を若返らせたり、紫外線から肌を守ったりしてくれます。

 

 

 

 

保湿を目的としたクリームが、乾燥肌の原因に!

洗顔料に含まれる合成界面活性剤は、クリームの乳化にも使われています。

クリームをつけると肌に張りがでて、シワも目立たなくなったように感じますが

こればバリアが破壊された肌にクリームが浸透して細胞が膨らんだためで、

一時的なものです。

 

 

クリームが浸透した細胞は、合成界面活性剤で壊れてしまうので、結果的に

乾燥肌になってしまうのです。乳液や美容液も同様。

クリームよりトロッとして使い心地がよいのですが、合成界面活性剤が

肌を壊していきます。

 

 

より安全性が高い乳化剤は、植物性の大豆レシチンです。

大豆レシチンは食品にも使われている成分です。

 

 

 

 

 

安全な「乳化剤」を見てみよう!

ヨーロッパでは安心な乳化剤として昔からラノリンが使われています。

 

ラノリンは日本では「旧表示指定成分」に含まれ、アレルギー性が

問題視されていましたが、それは精製の仕方や抽出する際の

合成溶剤によるものと言われています。

 

そのほか最近では、安全なクリームの乳化剤として、せっけんも使われています。

 

 

 

 

 

クリームに含まれる油分をチェック!

《鉱物油成分》

ミネラルオイル、パラフィン油、安息香酸アルキル、ミリスチン酸イソピロピル

 

《天然成分》

ヒマワリ油、オリーブオイル、マカデミアナッツ油、ツバキ油

 

 

 

 

最後に

寒くなってきて乾燥し始めると肌も髪も

保湿を求めてきますね。

 

でも塗れば塗るほど乾燥していき、肌荒れを起こす可能性があることが

今回でわかりました。

ミネラルオイル(鉱物油)には要注意かもしれません。

 

人間は元々自然界に属する生き物。

自然の恵を受けて、共存していくのが全うな感じがします。

でも、まだまだ人間とは正反対な不自然なものが多いのも事実。

ついつい、安価だったり、使用感がよかったりで手にしてしまいがちですが

それだけを理由にチョイスするのを少しやめてみてもいいかも。

 

この冬は自分へのご褒美に、いつもと天然成分のクリームを

選んでみてはいかがでしょう。

よりキレイで楽しくなる明日へ♪

 

 

 

 

(協力:JOCA「日本オーガニックコスメ協会」)

※こちらの記事は「本当に価値あるオーガニックコスメとは?」参照

500円にて販売いたしております。ご希望の方はこちらまで。

nowson.sastinable@gmail.com

 

The following two tabs change content below.
Nakashima Daisuke

Nakashima Daisuke

表参道の有名店、店長兼マネージャーとしてサロンワーク、撮影、全国講演、商品開発などで活躍。フリーランスに転向後、子供を授かったのをきっかけに、次の世代以降をより良くし社会貢献するため、インタビュー、チャリティーカットを通して活動中。
Nakashima Daisuke

最新記事 by Nakashima Daisuke (全て見る)