オーガニックコスメの選び方(ハンドケア編)

気になる手荒れ時期。ハンドクリームより見直すべきは台所洗剤!?

最近は冬出なくても湿疹やひび割れなどの、手荒れに悩む人が増えています。

何とかしたいとハンドクリームをこまめに塗ってもなかなか治らない・・・。

それはなぜでしょう?

 

まず手荒れですが、元凶は台所で合成洗剤を使っていることです。

合成洗剤の洗浄成分には合成界面活性剤が使用されていて、

皮膚の表面を保護している皮脂をうばってバリアゾーンを壊してしまうためです。

 

とにかく合成洗剤をやめて石鹸に変えることが先決。

そして天然成分で入荷したハンドクリームを選ぶことが必要です。

 

 

 

 

 

どんな台所洗剤に変えればいいの?

台所洗剤は、食器の汚れを素早く落とすために、

強力な合成界面活性剤が使われています。そのために

単なる手荒れや乾燥だけではなく、ひび割れや傷のような症状に

慢性的に悩んでいる人も少なくありません。

 

まずは台所洗剤をやめて、石けんベースの台所洗剤に変えてみると

いいかもしれません。

 

 

石けんは、合成界面活性剤のように手の皮膚の中に侵入したり

タンパク質を壊すことはありません。

石けんの台所洗剤に変えてまもなく、驚くほど手荒れがよくなった

という事例も、数多くあります。

 

 

 

 

ハンドクリームを塗っても改善しない・・。その理由とは?

 

 

 

一方ハンドクリームですが、実はこちらにも水分と油分を混ぜ合わせる

乳化剤として合成界面活性剤が使われいます。

ハンドクリームを塗ったひとときは、うるおったように見えますが

結果的に手の皮膚バリアを壊していきます。

ハンドクリームを一生懸命塗っているのに、手荒れが改善しないどころか

ますますひどくなっていく理由は、そこにあります。

 

また皮膚のバリアが壊れることで、防腐剤など他の有害成分が

皮膚の奥に入り込んでしまうことも非常に問題です。

こうして有害成分が体内に蓄積されていくと様々な弊害が起こります。

 

 

 

 

 

成分表示をチェックしてみよう!

 

《ハンドクリームに含まれる合成界面活性剤》

ステアリン酸グリコール(PE)、ステアリン酸 PEG〜、ポリソルベード〜

 

《天然成分》

レシチン、ラノリン、石けん素地

 

 

 

 

 

 

最後に

 

僕も美容師のアシスタントだった時は、手荒れがひどかったです。

少しお酒を飲んだだけでも、腫れ上がり血が流れるほどでした。

中にはもっとひどい人もたくさんいます。

美容師の場合、洗剤ではなくシャンプー剤などが原因ですが

一般の方はやはり、台所洗剤が原因ということがわかりましたね。

我が家も洗剤にはこだわって選んでいますが、手荒れは一度もありません。

手荒れで悩んでいる方は、ハンドクリームの前に洗剤を変えることは

かなりおすすめです。

 

「手は年齢が出る」とよく言われるように、目につきやすい部分でもあります。

いつまでもキレイな手を保つために、台所洗剤から変え、天然成分ベースの

ハンドクリームを選んでみてください。

 

 

(協力:JOCA「日本オーガニックコスメ協会」)

※こちらの記事は「本当に価値あるオーガニックコスメとは?」参照

500円にて販売いたしております。ご希望の方はこちらまで。

nowson.sastinable@gmail.com

 

The following two tabs change content below.
Nakashima Daisuke

Nakashima Daisuke

表参道の有名店、店長兼マネージャーとしてサロンワーク、撮影、全国講演、商品開発などで活躍。フリーランスに転向後、子供を授かったのをきっかけに、次の世代以降をより良くし社会貢献するため、インタビュー、チャリティーカットを通して活動中。
Nakashima Daisuke

最新記事 by Nakashima Daisuke (全て見る)