生後5ヶ月までの赤ちゃんを無料で撮影!「Smiling Baby」プロジェクト!

赤ちゃんの笑顔を無料で撮り続けて、現在3635人!?堀口マモルさんとの出会い

「生後5ヶ月までのベイビーは愛想笑いを知らない!」

 

確かに、そんな赤ちゃん見たことがない。笑

2007年から10年以上、赤ちゃんの笑顔を無料で撮り続けている

NPO法人「Smiling Babyプロジェクト」の堀口マモルさん。

 

 

 

映画「かみさまとのやくそく」の荻久保監督と面識があった僕は

ドネーションキッズカットを始めた時、監督の事務所に相談しに行きました。

 

 

「どうしたらうまくいくと思いますか?」

 

 

すると即座に監督が

 

 

「それなら中島さんにぴったりの方がいますよ!ご紹介します。」

 

 

その場ですぐメッセンジャーで繋げてくれた監督。

それがプロカメラマン「堀口マモル」さんとの出会いのきっかけでした。

 

 

 

 

 

堀口マモルってどんな人なのか?

なんとくマモルさんとメッセージのやりとりをしながら、

実は、あんまりワクワクした感じゃないままスタジオに(笑)

いろんな話が進んでいく中、

 

「ん?ちょっと待てよ・・」

 

的な言葉がちらほらと聞こえて、そしてわかったことは

 

「この人めっちゃすごい人やん!!」

 

ってことでした!

 

 

 

《堀口マモルプロフィール》

ニューヨーク・パリ・ミラノ、そして現在は、東京と上海を拠点に活動。

世界を代表する一流アート雑誌「ZOOM」に3度特集を組まれる。

フランス・イタリア・スペイン・スイス・ベルギー・アメリカ・香港

台湾・日本等での写真展。世界の数々のミュージアムに永久保存。1999年に

アジア各地で開催された、Black,Round and Erotic展では、写真家ヘルムート

・ニュートン氏とともに12人の写真家とプロジェクトに参加。その他著名人

・アーティストの撮影をする傍ら、NPO法人プロジェククト・スマイリング

ベイビーを立ち上げ、写真を通じて地球環境問題に取り組む活動にも、

積極的に参加。

現在は、ファッションフォトグラファーという視点から、企業家ポートレート

など様々なジャンルで活躍中。

 

 

 

とまあ、こんなすごい方だったのでした。

 

 

 

 

これまで撮ってきた著名人や広告・雑誌の数々!

《著名人》

エリッククラプトン、ナオミ・キャンベル、シンディ・ローパー、デヴィット・ボウイ

ビル・クリントン、ヒョンピン、チャン・ドンゴン、押切もえ、山田優、麻生久美子、

Hitomi、HIRO(EXILE)、郷ひろみ、小池栄子、矢野顕子、宮沢和史、河口恭吾、

沢村一樹、立川談志、畑正憲、渡辺美樹、野村克也、清宮克行、ラモス瑠偉、アントニオ

猪木、高山善廣、桜庭和志、髙田延彦、武田幸三、ボブサップ…etc

 

 

《広告・雑誌》

カシオ、マンダム、ナリス化粧品、シュワルツコフ、三菱自動車、ゼネラルモーターズ、シボレー、

モンブラン、シャネル、フルラ、サルヴァトーレ、フェラガモ、グッチ、ブルガリ、エルメス、伊藤忠、

BVD、コシノヒロコ、アントレ、ダイヤモンドビジョナリー、With、ar、anan、Ray、Ojji、アチチュード、アエラ、アドリブ、グランマガザン、コマーシャルフォト、日本カメラ、アサヒカメラ、ズームフランス、ズームイタリア、21世紀プリント、フォトグラフィーマガジン、プログレッソ フォトグラフィコ、

フォトプラティカ、フォトグラフィー、イメージ、メディアスコープ、シュワルツワイズ、フォトマガジン、ラ フォトグラフィア、モード ドローイング ヌード…etc

 

 

 

 

なぜ世界的なカメラマンが無料で赤ちゃんを撮り続けているのか?

 

いろんな話を聞いていると、とにかく「エネルギーに満ち溢れたものや人を撮りたい」と

シャッターを押し続けていたそう。

かつて、一番撮っていたのはまさにエネルギー満ち溢れるダンサー。

 

そんな時、生後間もない赤ちゃんを撮ることになったそう。

その時の赤ちゃんの笑顔から感じるエネルギーはとてつもなかったらしい。

そこから赤ちゃんの笑顔に魅了された彼は「Smiling Baby」プロジェクトを

立ち上げたのです。

 

 

 

 

その活動は海外にまで及ぶ!Smiling Baby旋風!

約1,000 円あれば、安全な出産が可能なフィリピン。

しかし、出産で多くの母子が、命を落としている。

 

貧しい母子のためのクリニックを現地で開く日本人助産師・冨田江里子さん。

SmilingBaby は、現地に何度も赴いて支援。 また、冨田さんの日本での講演会を主催。

寄付金を集め、応援している。

 

 

 

 

 

最後に

マモルさんと出会い、マモルさんの想いに触れた時、僕は衝撃を受けました。

「こんな人世の中にはいるんだな〜」

と言う感覚だったかも(笑)

 

まさにこれまでの「大量生産・大量消費」の

大企業や一部の誰かがうるおう、「思いやりのない資本主義」時代から

調和や和を持って為す時代へと変わってきて、自分の成せるスキルを使いながら

この世の中をより良い方へ導く人たちが出てきた感がします。

 

「マタニティーフォト」や「ニューボーンフォト」、

「寝相アート」や「生後○ヶ月写真」などInstagramで

ママさんの間でも流行っていますね。

一度、プロのカメラマンに今までにない我が子のショットを

撮ってもらってはいかがでしょう!

 

ドネーションキッズカットも楽しんで世の中を変えていく

きっかけとインパクトを与えていきたいと思います!

 

「Smiling Baby」の申し込みはこちら

http://www.smilingbaby.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
Nakashima Daisuke

Nakashima Daisuke

表参道の有名店、店長兼マネージャーとしてサロンワーク、撮影、全国講演、商品開発などで活躍。フリーランスに転向後、子供を授かったのをきっかけに、次の世代以降をより良くし社会貢献するため、インタビュー、チャリティーカットを通して活動中。
Nakashima Daisuke

最新記事 by Nakashima Daisuke (全て見る)