オーガニックコスメの選び方(フレグランス編)

ものを選ぶ基準の上位に入る「香り」。果たして安全!?

香りの印象は、化粧品にとってとても大切なもの。

香水はもちろん、コスメ、シャンプーからスタイリング剤に至るまで

いろいろな化粧品を選ぶとき、香りを基準にしている人も多いでしょう。

 

 

しかし、残念な事にその香りもまた、石油から作られた合成香料が

少なくないのです・・・。

本当にあらためて何もかも石油で作られていることに驚いてしましますね。

 

 

 

 

ホルモンバランスや神経系にダメージを与えてしまう!?

香りが充満しているドラッグストアや他人の香水やスタイリング剤の

きつい匂いで、頭痛がしたり気分が悪くなったりしたことはありませんか?

 

それは香り成分が鼻から吸収されて、ストレートに神経系に影響を及ぼす為。

このことからもわかるように、香りから受ける影響は大きく、特に

合成香料は嗅覚を麻痺させ、神経系をおかしくさせるという不安があります。

 

また、アトピーの原因になったり、ホルモンのバランスを崩すとも言われています。

 

 

 

 

 

美肌効果のあるオーガニックコスメに使われる「精油」

化粧品の成分では「香料」とだけ書かれていて、天然の香料か合成の香料なのか

判断ができません。全てに当てはまるわけではありませんが、「香料」と

書かれているものは避けるというのが一つの方法かもしれません。

 

一方、オーガニックコスメの場合は、香料は天然の精油をそのまま使うことが

多いのです。

精油は、美肌効果もある為、オーガニックコスメでは「香料」という記載にならず

そのままラベンダー油、ダマスクバラ花油などと記載されることも多いようです。

 

 

 

 

 

香りだけでなく、様々な効果をもたらす精油の威力!

香料成分は、合成香料ではなく、天然のものを選びましょう。

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の様々な部分から抽出された

天然の香料です。

香りだけでなく、肌荒れを抑えたり、ターンオーバーを促したり、若返りを促進する

などの働きがあります。

 

 

また、気分をリラックスさせたり逆にリフレッシュさせたり、私たちの心身にも

効果があります。同じ精油でも、できるならオーガニック原料の良質ものもを選びましょう。

 

そして、抽出方法も有機溶剤を使わずに、圧縮法や水蒸気蒸留法にこだわった精油が

理想的です。

 

 

 

 

グレングランスに含まれる香料成分をチェック!

《合成香料の成分》

香料と表記(天然の場合も香料と表記される場合あり。

メーカーに問い合わせた法が◎)

 

《天然成分》

ラベンダー油、ゼラニウム油、ダマスク油、オレンジ油

 

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

僕も女性の会話を小耳にはさんだりした時、よく何か商品の

「香り」について話していることが多々あります。

シャンプーや洗濯洗剤なども香りで選んでる方が多いよう。

 

体につけるものは、やっぱり女性としていい香りの方が

もちろんいいに決まってます。

女性からしても、いい香りがする男性の方がいいですよね!

あまりケミカル臭じゃない方で(笑)

 

ナチュラルで体にとっても安全で、精神を安定させたり、

リフレッシュさせれるものを選べればHappyな気分になりそうです。

かなり好みの部分もあるので、「オーガニック限定!」というわけじゃなく

自分が一番好きな香りで、幸せに包まれ続ける感覚を持てるものを

選びたいですね♪

 

 

The following two tabs change content below.
Nakashima Daisuke

Nakashima Daisuke

表参道の有名店、店長兼マネージャーとしてサロンワーク、撮影、全国講演、商品開発などで活躍。フリーランスに転向後、子供を授かったのをきっかけに、次の世代以降をより良くし社会貢献するため、インタビュー、チャリティーカットを通して活動中。
Nakashima Daisuke

最新記事 by Nakashima Daisuke (全て見る)